2011-03-13

 

今の官房長官が枝野さんで、本当によかったね…

仙谷だったら、なんとなく信用できないし、
岡田さんだったら、必要以上に悪いことが起きたように見えるし。

同じ悪い状況でも、理路整然と、堂々と話してくれると、
すこし安心感、信頼感がでる。  
こんなときこそ、すごく大事だと思う。 枝野さん頑張れ。

 
*1299991061*

一連のニュースを見てて、
今回ほど、学者の空気の読めなさっぷりを、実感したことは無いなぁ。

昔、東海村臨界事故のときの、被曝患者2名を診た先生が、
今も、コメントしてるんだけど、

残念ながら、私の診た患者さんは二人とも亡くなったんですが、
今回の件とは放射能の浴び方も、量も全然違うので…」

前段いる?

*1300001244*

地震発生からのドキュメントを流すには、まだ早いでしょ。
現在進行形だぞ…。

視聴率とれなくても、たった今、被災者の為になるような情報を流せばいいのに。 

*1300004303*

テレビ朝日の報道と、解説者のダメっぷり。
もう、ここは見ないことにした。

*1300005262*

福島原発3号機の、水素爆発の可能性について、
TBSとテレビ朝日で、同じ内容を解説してたんだけど、

テレビ朝日で解説している学者は、気負いこんでしゃべるるうえに、
最悪の自体が、さも、起きるかのような言い方。

TBSのほうは、落ち着いて、理路整然と、
水素爆発の可能性は有るが、1号機ほど悪い事態にはならないのではないか、と説明。
 

最悪の可能性を示唆することも大事だけど、
同じ状況を説明するなら、安心感を与えるようにしてくれ、って、

なんで、テレビ局は学者に要請しないのかね。

 
*1300006216*

報道の仕方も、健康に被害が少ないなら、
「被ばく」とか、「○倍の放射能」とか、そういう不安感を煽る表現は、止めりゃいいのに。

その程度の指示は、国がしても良いのでは無かろうか。

 
*1300024311*

明日から停電かー。

こういうとき、
PCに寄りかかった生活をしてると、もろいね。

それでも、戦争だったら、戦わなきゃならんし、
怒りや恨みに、うち震えにゃならんけど、

自然災害が相手なら、しかたない。

まぁ、親はまだ全然動けるし、家族に病人がいるわけでも無いし、
あと10年遅かったら、だいぶ違ってたはず。

海外出張してた友達は、成田着の飛行機がなくて、北海道の千歳着、
それでも東京便が無くて、空港で毛布にくるまって一泊、
さっき、ようやく家にたどり着いた、とのこと。

娘さんがいるから、その気持ちを慮れば、俺なんか全然良いほう。
被災地の人にくらべたら、恵まれすぎだ。

これ以上、事態が悪くならないように。
この困難を乗り越えて、皆が強くなれるように。

おたがい、がんばりましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする