2011-07-24

 

珍しく、やるべきことが多く、
あれこれ作業をしてて、「こういう時にかぎって、ハードディスクが飛んだりするんだよな…」と思ったら、

昨日まで動いていた、USB接続の外付けハードディスク(250GB)が、
見事なタイミングで認識されなくなる。 
つなげても、「フォーマットしますか?」の表示。

 

IDE 250GBという時点で、古いのがわかるし、
物理的な破損では無く、インデックス? MBR? MTF? が破壊されたらしく、
ハードディスク内の、ほとんどのデータが無事なのは分かったので、慌てはしなかったものの、

いつも使ってる、かなり強力な海外シェアウェアの復旧ソフトでも、
スキャン途中でエラーがでてしまい、復旧できるのは、250GBのうち、160GB程度。

testdiskというソフトが評判よさげなので、使ってみたものの、こちらも復旧不可。
※ 説明してくれてるサイトさん http://uiuicy.cs.land.to/testdisk1.html

 
 

「仕方ない、160GBで妥協するか…」と思いつつ、
ついでに検索で出てきた、このソフトの試用版を使ってみたところ…

ファイナルデータ9.0プラス 特別復元版
asin:B0030F23NE:detail:small

※無料体験版 http://www.finaldata.jp/download/download.html

 

かなりの復旧率!

ハードディスクのスキャンするのに、250GBでも、3時間半、
実際に復旧するのに、同じくらい、と、かなり時間はかかるものの、
この復元率の高さは、素晴らしい。

 

パッケージ版は、10000円前後するようですが、ダウンロード版は、6980円だし、
もし、緊急のときは、ダウンロード版をお勧めします。
http://www.finaldata.jp/tokubetsu/

ハードディスクをつなげても、認識されなかった分、
データが、上書きされる心配が無かったので、冷静に対応できたのが幸いでした。

このエラー、ちょくちょく起きて、
よく復旧ソフトのお世話になるんだけど、考えうる原因は、一つ。

もう、これからは、いきなり、USBケーブルを引っこ抜くのは止めよう…。

 
*1311515294*

 
でも、復旧できなかったデータが何なのか、まったく思い出せない…。
 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする