2012-08-14

 

結局、お世話になった叔父なので、理屈ぬきで、お線香だけでもあげたいと思い、
一路、親類宅へ。

叔母と話したところ、朝は元気だったのに(病気や寝たきりとかでは無い)、昼に買い物から帰ってきたら亡くなっていた、
でも苦しんだ様子も無く、安らかな死に顔だった、
生前から家族葬を希望したので、葬儀は身近な人だけで、と。

御遺体は、病院に安置されていたので、病院に行き、4時間ほど、線香番をして帰ってきました。

俺が心配していた葬儀の段取りなど、生前から叔父がしっかり準備していたようで、
しかも、家族葬が希望、というのも、俺以外、全員が知っていて、
俺が、心配するようなことは、何も無かった。

情に厚い叔父だっただけに、その辺りも気遣いも、さすが。

ただ、お盆だけに、葬儀屋やら、坊さんやら、火葬場やらが、あまり機能しておらず、
そのあたりの準備が大変そう。 多少でも手助けが出来れば。

でも、もうちょっと長生きして欲しかったなぁ。 本当に、良い人ばかり、先に逝ってしまう。

 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする