2012-10-19

 
iphone と タブレット(7インチ)で、pdf を読んでみて、これはイケる!と思ったのをきっかけに、
本の自炊を始めることにして、

俺としては、「本を、物として大事にすることからの卒業」みたいな気分でいたんだけど、

エロ本だけは、どうしても裁断するに、しのびなく、
(グラビアは、スキャンして、液晶モニタで見たほうが、キレイに見えるのも分かってるのに)

どうしても、本を電子書籍化することに対する哲学、みたいな部分で、
いろんな人の意見を知りたくて、時間があるとき、自炊系のブログを見てまわる。

 
 

意外だったのが、小飼弾 氏が、

>>
私が日頃「『自炊』(書籍を裁断してスキャナーにかけて電子化すること)したら負けだと思っている」と公言する理由も、
本書を一読すればおわかりいただけるはずだ。
<< http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51469464.html と、書いてたこと。 日頃が、どこなのかは分からなかったので、詳しい理由は定かでは無いけど、 上質な本を、刺身に見立て、電子書籍にするのは、それを煮付けにしてしまうようなもんだ、という考え方は、 確かに、装飾の隅々にまで、目が行き届いてる本は有るし、分かる気もするけど、 だからって、「自炊したら負け」ってのも、どんなもんかね。 まぁ、捨てられない本は、俺にも多々あるし、今後、電子書籍での発売が増えても、あえて本で買うつもりだし、 俺としても、紙の本には、こだわっていくつもり。   ただ、これからの人生、物を極力、持たないようにする、という観点からすると、 いつかスキャンせざるを得ないわけで、 自分なりのルールみたいのを、決めたほうが良いのかもなぁ。 それより先に、本棚をズラッと並べられる、豪邸に住めれば、そんなことを考えないで済むんだけど。  




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする