2013-03-08

 

昨年末、某サービスで、ipad mini プレゼントキャンペーンをやっていて、
それが、2月に終わりに届く。

二台持っていても仕方ないので、親にあげようと思うも、
機械オンチの両親に、どうやって教えれば良いか、頭を抱える。

日本語入力の説明を、どうするか、が、ヤマ場。

ようやく、今日、プレゼントしに行ったんだけど、
フィギィアスケートの高橋大輔が好きなお袋さんに、
youtube動画の見方を教えていたところ、検索ボタンの横に、マイクのボタンが…。

「そうだ! 音声入力がある!」と、ようやくここで、思い出す。

さっそく、お袋さんに試してもらったところ、バッチリ。
ただ、最初に、「フィギュアスケート」と発音したのに、「不二家スケート」で検索されてしまい、
腹を抱えて笑う、お袋さん。 つられて笑う、親父さんと、俺。

あんなに嬉しそうな顔が見れて、本当に良かった。

音声入力のおかげで、
障害のある人も、検索しやすくなっただろうし、
発明した人に、心からお礼を言いたい。 本当に、どうもありがとう。

 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする