2013-03-11

 

セルビデオが売れなくなった5つの大罪
http://pissnote.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-a96b.html

おおむね同意だけど、>通販の部分で、やや違和感。 中身が分らないから2枚買う=わざと中身を分らないように作る=粗製濫造 してたから、サンプルが重視された一面もあるわけで、「AVはパケが一番大事で、無料で種明かししている現状がおかしい」が否定されるのは、時代の流れとして、必然では。 ただ、確かに、サンプルと称して見せすぎだし、1本まるまる見せてる連中は、自分の小銭稼ぎのことしか考えてないんだけどね。 

エロショップのいかがわしさが好きな俺としては、店舗は絶対に残って欲しいけど、不思議なのは、エロ屋はエロが好きで作ってるのであれば、媒体は何でも良いはずで、TDKや太陽誘電の人じゃあるまいし、DVDというメディアにこだわり過ぎでは。 あるいは、監督・広報・営業…のような会社組織としての「AVメーカー」という形態が、時代に即してないことから、目を背けているか。

ゴールドマン監督が、前にインタビューに答えてたけど、島忠でバイトして、どこかで見つけた女の子にセーラー服を着させて、撮影して、それがお金になれば良いわけで、変に、会社としての社会的なステータスを意識しすぎなんじゃないのかね。 エロで喰っていくのは、日陰で良いと思う。 イカガワシサ、というのは、その部分のことだと思う。

  
twitter で、リツイートしつつ、つぶやこうとしたけど、つい熱くなり、長くなってしまったので、こちらで。

 
*1362930676*
東京煙霧
http://d.hatena.ne.jp/heimin/20130310

こういう写真を、すかさず撮れるから、素晴らしい。

むしろ、昼過ぎまで気持ちよく寝て、そのままグータラと家にいた俺としては、
カメラを持って外出しなかったことを、すごく後悔してるけど…。

ただ、うちのほうは、夕方に外に出たときは、薄暗い曇天、くらいで、
ここまでひどくは無かったなぁ。
 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする