2014-04-27

  
12年、ここに住んだいうことは、人生で一番長く住んだことになるのだけど、なぜかその実感が乏しい。

12年住んだ場所から離れる、という経験も初めてなので、どうもフワフワしてて、
見慣れた風景から物が減っていくことにも、どこか現実感が無い。

今までは、引っ越すたびに部屋が良くなり、それに伴って物が増えてきたけど、
今回、初めて、持っているものを半分以上、捨てることにした。

歳をとってから、物を減らす引っ越しをする、というのは、こんな気分なのか。
つい、ここに住んだ12年間を、否定してしまいそうになる。

  
一昨年、叔父が亡くなり、爺さんの代から住んでいた建物を、去年、叔母が壊したのだけど、
思い出のある建物を、なぜ壊すのかな?とも思ったものの、

思い入れが有りすぎるものは、とっとと手放して、
気持ちの中にだけ留めておいたほうが、自由になれるのね。

ましてや、賃貸に10年以上住んでも、特に思い入れも無いし、過ぎ去った時間の重さだけを痛感する。
 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする