2014-05-12

 
引越し準備が続く。

一ヶ月で、「えいや!」と一切合財を捨てて、引っ越してしまおうかと思ったけど、
物が少ない若い頃ならともかく、

あとで後悔するだろうし、ここに住んだ12年間を、否定することも無いかなと思い、
家賃が無駄になるとは思いつつも、時間に余裕を持たせ、

不要な物は捨て、売れる物は売り、実家に移動するものは移動し…と、
取捨選択の時間をつくった。

で、これも時間の無駄とは思いつつも、雑誌のスキャンもしてるんですが、

物にあふれた部屋が好きなので、
雑誌で、部屋の特集があると、つい、買ってしまうのだけれど、

2014051200252020140512002521

実は、これ、10年くらい前の特集号。
(「男の隠れ家」という雑誌自体は、今も続いてるけど)

 
で、本やCD、レコードがいっぱい詰まった、魅力的な部屋がたくさん載っているんですが、
ここから10年経ち、iphoneに何百枚もCDが入り、本は自炊して読めるようになって、

こういった部屋に住んでた人たちが、
いま、どういう心境で、どういう部屋に住んでるのか、すごく知りたい。

 
俺の場合、自炊した本は、まったく読んでないので、
結局、本は、本の状態のまま(ややこしいね)で、読んだほうが良い、という結論だけど、

本、音楽(CD、レコード)、映像(DVD、ビデオ)で、考え方も違ってくるだろうし、

部屋特集も、5年周期くらいで定点観測したら、
時代の流れと、人の考え方の変遷がわかって、かなり面白そうなんだけどなぁ。
 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする