2014-10-18

えてしてそうなんだろうけど、見たくない、使いたくないなら、見なければいい、使わなければいい、だけなので、その対象に文句を言うのは筋違いなのだけど、最近、twitter をできるだけ使わないようにしてる。 思ったことを、そのつど、つぶやいてると、うまくガス抜きが出来てしまう。 140文字/画像が数枚、なんていう技術的な制限に、自分のほうを合わせてることに、なんとも思わなくなる。 それでもフォロワーが多ければ、それなりのコミュニケーションがあるだろうけど、140文字で(相手も140文字で) 気が晴れたり、コミュニケーションができた気になるのが、恐ろしい。 言いたいこと、書きたいことがあるのなら、せめて、せめてブログに、10000文字でも、写真100枚でも、載せればいい。 しょせん人間の気持ちなんて、140文字で言い表せてしまうのだ、という達観があったとしても、それはまったく別の話。 才能のある人が、twitter で気の利いたことを書いて満足してるふしがあって、すごく残念なのだけど、かといって面と向かって言うのは、おこがましいし、俺も何かを成し遂げたわけではないのだから、なおさら。 自分の気持ちを、うまく140文字でまとめられる人は、器用すぎるんだろうな。 140文字でつぶやけてしまうことは、屁と同じなのだから、自分の中に貯めておく。 でかい屁がしたくなったら、一気に出す。 それもひとつの屁、ならぬ、手。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする