2015-03-30

 
若かりし頃、いろんな場所に住みたくて、何度も引越しをしたせいか、
いまだに、賃貸物件の検索サイトで、部屋を探すのが趣味なのだけど、

最近、都内の賃貸アパートが、安くなってる気がする。
特に、一人暮らし用のアパート。

今までの常識でいえば、
同じ家賃であれば、都心から離れれば離れるほど、部屋が広くなっていったのだけど、
最近は、7~8万出せるなら、都内でも、なかなかの広さの部屋が借りられる。

やっぱり部屋が余ってるのだろうか。

最近、うちの近所でも、そこそこ広い土地が空いた時、
賃貸アパートではなく、土地を4つくらいに分割して、縦長の「分譲一戸建て」が建つことが多い。

下手にアパートなんて作ろうものなら、借主1人の立ち退きにも、手間も金もかかるし、
分譲で、金を持ってる連中に、売ったほうが速いもんね。

サラリーマン大家!なんて言葉が、一時、流行したけど、
結局、ダブついた不動産のババ抜きだったんだろうなぁ。
 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする