2015-08-24

*1440375011*ミッション:インポッシブル ローグネイション ★★☆☆☆

ミッション:インポッシブル ローグネイション
ミッションインポッシブル ローグネイション

以下、ネタバレしてないけど、一応改行。



















★★☆☆☆
本筋のストーリーは、悪くないのに、
アクションシーンで時間を稼ぎ、かたっぱしから御都合主義で解決。

エンディングも、なんのひねりもなく、駄作によくある、館内に流れるシラーっとした雰囲気。

冒頭や、単発でワクワクするシーンはあるのだけど、
その他のアクションは、派手なのに、見てて眠くなる、という、
最近のトム・クルーズの駄作、「アウトロー」の2作目かと思った。

突拍子の無さは、シリーズ1作目からあったことで、それは全く気にならないのだけど、
それに寄りかかって、つじつまが合わないのを、ゴリ押ししてる。

思い出すだけでも、そんなシーンがわんさか出てくるけど、
最後の最後、なんで悪役が、直々に出てきたのか、
そして、そこに来るのが分かったんだよ…。 それで、終わらすなよ…。

この監督、「ミッション:インポッシブル」に、合ってないんじゃなかろうか。
会話も冗長だし、あと30分短くできたんじゃないのかなぁ。
★を1つ増やした理由は、タイトルロールを1作目と同じ作りにしたことと、冒頭の10分間が良かったこと。それだけ。

とってつけたように、CIAや、海外の国家元首をださなくていいから、
もっとシンプルに、大仕掛けは1つでも良いんで、
伏線から、派手なアクションで解決!まで、きっちりつじつまを合わせて欲しいよな…。

あと、ベンジー・ダン(サイモン・ペグ)の軽薄なキャラを、強調しすぎ。

俺の中では、
ミッションインポッシブル 1>3>>>2>>>5>4 という評価。

トム・クルーズが断って、アンジェリーナ・ジョリーが主役をした「ソルト」が、
ミッション・インポッシブルが目指す作りなんじゃなかろうか。
シンプルだけど、センスの良いどんでん返し。

なお、映画評価サイトでは、高評価になってますが、全員、業者だと思う。 
シリーズ最高傑作っていう褒め方、4作目のときもやってただろ。 恥を知れ。

 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする