2015-11-28

 
昨日、予備校時代の映像を見て、脳が混乱したのか、変な夢を、立て続けに見る。

夢の中、古文の馬場先生と、マンツーマンで話す。
役に立つ人生のアドバイスをもらった。

起きたら、何を言われたのか忘れてしまったけれど。

 
 
ビデオだって、普及したのはここ30年くらいのもんだろうし、
それまでは、「昔の風景」なんて記憶の中にしか無かったわけだから、

突然、予期せずに、
その頃の様子を、映像や音声と共に、鮮明に目の当たりにすることによる、脳の影響ってのも、
かなりあるもんなのだろうか。

 
それより、今の俺の中では、近所のファミレスが閉店してしまうショックのほうが大きい気もするのだけど、
近所の外食チェーン店の有無ごときで、右往左往するなんて、
なんて薄っぺらい生活なのかと、愕然とする。

ただ、この10年、そこで仕事のアイデアを考えたわけだし、
500円ランチは、かなり助かっていて、これからもアテにしていたのは確かで、

引っ越すときも、マクドナルドやファミレスの近くに、というのは、
いつも最優先事項になっていた。

そういう人生から、脱却するときに来てるんだろうなぁ。
 
 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする