2015-03-19

 
毎日、ちょっとずつ読むのを、楽しみにしている、
さいとうたかを「鬼平犯科帳」

auのブックパスで、40巻まで買って、サービスを解約してしまったので、
amazon の kindle で、41~50巻まで、購入。 最近、500円 → 300円に値下げされて、非常にありがたい。

asin:B00FBBI7CG:detail:small

が、42巻くらいから、明らかに、絵がへたくそに、ストーリーも大雑把に…。
すごく、違和感を感じる。 45巻にいたっては、同心の松永さんの顔が違ってて、最初、誰か分からなかった…。

連載が始まった頃と比べ、1話あたりのページ数が減っているので、その影響もありそうだけど、
なんか、変化があったのかなぁ。

  

もともと、揃えるつもりでは無かったのだけど、
1冊読んだら、止まらなくなって、ついつい、毎月、少しずつ買ってしまい、

ただ、auのブックパスで買った1~40巻は、ダウンロードしたスマホでしか読めないので、故障したら、それっきりなので、
今後、ずっと読むつもりなら、kindleで、買いなおしたほうが安心なのは確か。

余計な散財だし、電子書籍ならではの面倒くささだけど、
300円なら、ちょっと考えておきたい。

3000円で、さいとうたかを「鬼平犯科帳」が10冊(1冊あたり3~4話なので、約40話)読めるなんて、
なんという、コストパフォーマンスの高さや!

 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする