2016-07-24

良さげな物件が1つあるのだけど、
管理会社から、最終的な連絡が来ないので、動けず。
もう、見切り発車で契約して、手付け金、払っちゃおうかな…。

一ヶ月前の段階で、「転居」の意思を伝えてるのに、
「一時退去の住まいを準備します」だの、「往復の引越し業者の代金はこちらで払います」だの、
あくまで、契約を継続する場合の条件ばかり、提示される。

引っ越す、って言ってんだろうよ…。 身動きとれないから、早くしてくれよ…。

 
で、結局、「荷物のほとんどを捨てて、ジムのそばに安いアパートを借りる」ではなく、
一度、「引越ししやすくて、そこそこ広い部屋に、(最長)2年間だけ住む」という、
ワンクッションを、はさむことにした。

今回の引越しで、不要なものを捨て、転居先でも、さらに荷物を減らし… 
2回フィルタをかけて、そこで、ミニマムにするのが一番スムーズのはず。

そして今回も、引越し業者を使わず、
自分で、ちょっとずつ荷物を移動することに。

それにしても、ネット回線の移転だって、すぐにはできないんだから、早くして欲しいよなぁ…。

*1469329052*
不動産屋に連絡して、内見の予約をした。

なにやら忙しいようで、今日は無理で、明日の午前中、とのこと。
物件が取られないか心配だけど、「専属専任媒介」で、その不動産会社しか管理してないので、
おそらく大丈夫でしょう。 宅建資格が、初めて威力を発揮。

そんなこんなをしてるあいだの、VHSのダビングは、
DVD-R 100枚を使い切りそうなので、さらに 100枚、追加発注。

昭和のエロビデオも結構あって、おそらく、ほとんど現存しないはず。
俺の意思で、捨てても良いものか、いつも躊躇する。

VHSデッキ自体が減りつつあるのだから、
とっととDVDやファイル化したほうが良いのだけど、たぶん捨てられないだろうなぁ。
 




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする