ゲオの買取 しょうもない2016-06-23

いつもは、駿河屋を使っていたのだけど、
サイトを見たら、ゲオで買取条件がちょっとだけ良かったので、宅配買取を申し込みし、荷物を送る。

すると、メールで連絡があり、
本人確認書類が「保険証」の場合、あわせて、電気・ガス・水道、いずれかの領収書が必要とのこと。

公共料金は、クレジットカード払いなので、領収書が無いし、
免許証は、住所変更手続きをしてないので、本人確認で使えないし…。

税務署からの納税通知(住所の記載があるもの)じゃダメなのか、問い合わせたら、ダメだと。
税務署の書類はダメで、東京電力、東京ガスの領収書は良いのかよ。

公共料金も、領収書のペーパーレス化が進んでるんだから、実質、保険証が本人確認書類として、使えないだろうに。
保険証を、本人確認書類として認めないってなぁ…。

仕方ないので、役所まで行き、住民票の写しをとってくる。300円。
早速、FAXで送ったら、今度は、

住民票の場合は、原本を、郵送しなければダメだと。

保険証のコピーでさえ買い取ってくれるところが、いくらでもあるのに、
住民票は、原本を郵送しろ???
それ、法令順守による本人確認の強化じゃなくて、しょうもない社内規約を、押し付けてるだけじゃん。

すでに、「保険証」のコピーを送り、「住民票」をファックスしてるのに、まだ、本人確認ができないと、のたまう。
こういう会社って、本人確認書類の不備があった、こっちが悪くて、
いかに、間抜けな手続きを続けてるか、社内で指摘する人間もいないんだろうな。

住民票の写し 300円 + 郵便代 120円 + α で、
買取で送ったもののうち数品は、ゼロ査定と同じになるはず。
不用品だから、買取価格はいくらでも良いけど、アホがやってる会社に、物を売った自分が情けない。

ゲオの買い取りなぞ、金輪際、使わん。 そりゃ業績も落ちるわな。
これから、この会社で、そういうニュースがあったら、ゲラゲラ笑いながらみてやろう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする