2017-07-20

夏になると、猟奇殺人系の推理小説やら、推理ドラマを見たくなるのだけど、

最近の刑事物・探偵物のドラマは、もう、出演者が、こぞって年下だし、
どうにも、画面がクリアすぎて、没頭できない。

が、amazonプライムにて、運良く、テレビドラマ版「金田一耕介」シリーズが、あったので、初鑑賞。
https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B015GD1IWO/ref=pd_cbs_318_5

やはり、フィルムで撮影した、昭和のおどろおどろしい雰囲気の、探偵ドラマのほうがしっくり来る。

で、この、テレビドラマ版、金田一シリーズ、
ドラマの最後に、主人公の、古谷一行 ふんする “金田一耕介”が、
視聴者に向かって話しかけてくるシーンあり。

てっきり、古畑任三郎が、新境地を開いた部分なのかと思っていたのだけど、
こっちがオリジナルなのね…。  (海外ドラマで、もっと古いものがありそうだけど)

で、エピソードの1つ「真珠郎」を見てたら、事件の重要人物の父親の名前が、
なんと、「古畑 三郎

「古畑任三郎」の名前の由来は、諸説あって、もっともらしい理屈は出ているようだけど、

古畑任三郎の名前の由来
http://yaplog.jp/relax_live/archive/739
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=8108&id=39186801

三谷幸喜にうまく煙をまかれてるだけで、実は、こっちなんじゃ…。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする