中身の無い本を、買わなくなった。

冬のあいだは、「もう歳もとったし、前みたいに散歩に出る気力も、もう起きないかもなぁ…」と危惧してたけど、なんのことは無い、暖かくなれば、黙っていても、外に出てる。

好きな本とデジカメを持って、自転車でぷらぷら。 やっと7年前の生活に戻ってきた。 が、道すがら、野球をしてる少年たちは、7年前は赤ん坊、下手すると産まれてなかったりもするわけで、何も変わらず、無駄に歳をとってしまった己に愕然とする。

今は、無性に本が読みたくて、本屋に行っては、買い込む。 が、やはり、20代、30代のころと違い、本が読めるであろう残り時間を、たえず意識してる気がする。 そのせいか、中身の無い本も、買わなくなった。

PCから買うか、モニタから買うか、デジカメから買うか、ステレオから買うか、事務所を借りるか、引っ越しから始めるか。 ステレオが一番安いし、すぐ満足できそうだけど、他の部屋に気兼ねしながら聞くくらいなら、ヘッドホンでいいか、と、いつも断念してしまう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする