中公新書も良し悪し

中公新書も良し悪しだなぁ… これはイマイチ。 

そもそも「競争社会の歩き方」「自分の『強み』を見つけるには」という内容の本では無い。 株主優待で、寄付がデフォルトの場合と、商品券がデフォルトの場合じゃ、行動経済学の観点から結果が違うなんて、そりゃ当たり前だろ、という内容のオンパレード。 一応、立ち読みはしたのだけど、書名だけで勢いで買ってしまった。 玉石混交とはいえ、amazonの評価をチェックしてから、買っても良いのかもなぁ…。 今までは、そういう内容でも、少しは良い部分があるかも、と、意地でも最後まで読んでいたけど、たいてい最後までさっぱりだし、時間もふんだんに残ってるわけでは無いので、今後は、遠慮なくゴミ箱行き。 俺の立ち読みレーダーも、ちょっと錆びついたかな。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする