自炊は、断裁さえうまくできれば、8~9割成功

エロ本の自炊、50冊(合計118冊)。 先に、平綴じで、A5版の小さいサイズのエロ本を、集中的にスキャンしてるので、かなり作業が進む。 中綴じ(ホッチキスみたいので留めてるやつ)の本は、針金を抜くのも手間だし、うまく中央で断裁しないとスキャンでひっかかるし、そこからがヤマだなぁ…。

前に、どこかのブログ記事で、見かけた言葉? 「書籍のスキャン(自炊)は、断裁さえうまくできれば、8~9割成功」。 ここをミスると、スキャンで1枚ごと読み込んでくれなかったり、紙くずが入ってスキャンにノイズが入り、やりなおすハメになったりで、手間と時間が3倍、4倍になる。 ドキュメントスキャナは、定番は1機種だけなので、迷うことも無いのだけど、断裁機は、できるだけ良いものを買うと、作業効率が格段に上がる。

部屋の荷物が少なくなってくると、エアコンの利きが、やたら良くなるのを実感したりするのだけど、雑誌100冊程度を処分しただけでも、クーラーの利きが良くなった気がする。

まだまだ先は長いけど、エロ本の自炊をいくらやっても、金にならないので、徐々に、仕事の時間も増やすように。 ここで、前と同じことをやっても仕方がないので、スキャンをしながら考えたアイデアを、いくつか実践。 現状の売上では、住まいと事務所を2つ借りると、固定費で苦しむことになるので、なんとか新しい部分で、事務所の家賃をまかなえれば。 とにもかくにも、ネット回線だなぁ…。 今までのように「引っ越すかどうか」ではなく、「どういう順番で部屋を借りるか」が、今後の課題。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする