ミレニアムの頃の、AV情報誌

エロ本の自炊、66冊(合計524冊) 薄い本ばかりで余裕があったので、すこし多目に。 今回の作業で、最古であろう、2001年1月号の「ビデオ・ザ・ワールド」を発見。 「ビデオ・ザ・ワールド」自体は、2年前に、まとめてスキャンしたので、やり忘れたものだろうけど、2001年ということは、ミレニアム(死語)の頃だからなぁ…。 前のアパートに引越したときに、持ってきたもののはず。

シュレッダーにかけた紙くず満載のゴミ袋が、家の中にあふれている。 週2回しか減るチャンスが無く、まだ本はたっぷり有って、ラチがあかないので、直接、ゴミ処理場に持っていったほうが良いような気がしてきた。 実家から荷物を運ぶときに、ついでにやってしまうか。

最近、食事に気を使って、体重も落ち、体調が、すこぶる良い自覚があったのだけど、続けて、顔色が悪いと指摘される。 エロ本の処分が、心労になってる…ことも、まったく無いのだけど、これだけ大掛かりなモノの処分は、人生で初めてやる行為なだけに、やはり、肉体的にも精神的にも、知らず知らずのうちに、影響は出てるのか。 まだまだやるで。

PCは、必要なときは、かたくなまでに、デスクトップを買ってきたのだけど、もう、メインだけデスクトップにして、サブは、全部ノートPCにすることに。 iphoneも新しいのが出たし、画像・映像処理に関しては、エロで使えそうなものがツールがあるようだし、ユーザーもスマホで購入する割合のほうが多いし、新しいスマホやタブレットが欲しいものの、毎日の作業が、まだできそうも無いので(特に、エロに関しては)、いまのところ食指が動かず。 まだ趣味の範囲だなぁ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする