25年ぶりにオーディオ熱が復活

エロ本の自炊、0冊(合計645冊)  中古で買った「ScanSnap S1500」が届くまで、「ScanSnap iX500」は、一般書籍専門とわりきり、新書・ハードカバーあたりを、どんどん自炊。 これがまぁ快適で、スキャンは速いし、1枚ごとしっかり読み込んでくれるし。 が、やはり、すこしでも接着面のノリが残ってたり、折り目なんかでページに厚みがあると、確実に失敗する。 何故こんなに安定性に欠ける代物にしちゃったんだろうなぁ…。 今回の自炊では、しばらく読んでない一般書は当然ながら、読み終えたばかりの新書・文庫も、かたっぱしからスキャンすることに。 最終的に、お気に入りの本だけ、手元に残す生活にしたい。

そして、スキャン後の爽快感は、一般書のほうが圧倒的に高い。 結局、本棚に並べて自己満足してただけであって、ここ数年、手にとったことも、今後、手に取ることが無いことも、なんとなくわかっていたからだと思う。 ただ、自分にとって、本の大切さは変わりがないので、pdf化したものを、いつでも読めるよう、読書用のタブレットは、ずっと、こだわりたい。 ipad mini がちょうど良いのだけど、amazon って、電子書籍は、kindle か Fire からしか買えない仕様のね…。 せこいなぁ。

最近は、売上が安定してるし、デジカメの新製品も面白そうなのが多いし、なにより、25年ぶりにオーディオ熱が復活してて、この本を眺めて、あれこれ、組み合わせを考えるのが本当に楽しい。 

今は、それぞれ予算30000円で、プリメインアンプも、スピーカーも、よりどりみどり。 店頭で視聴したいところだけど、俺のような、エントリークラス専門だと、それも気がひけるので、紹介コメントを信用して、組み合わせを考えるのも、また一興。 このボロアパートじゃ、大きい音は出せないけど、ひさしぶりにオーディオ買うか!

まったく知識もないから気楽に書くけど、VRの撮影、2台のカメラで、各メーカー、あぁでもないこうでもないと試行錯誤してて、まだ、ノウハウよりお金のあるメーカーのほうが、画質が良かったりもするのだけど、安いHDカメラを、映画「マトリックス」みたいに、180度を並べて、目の焦点の調整などは、後で、PCで計算すれば良いんじゃないのかね。 そのカメラの並べ方だと、画面に映りこんでしまうけど、それも、ディープラーニングで消せそうだし。 なにより、VRゴーグルで、左右に移動しても見ることができるようになり、エッチなVRも、過去のAVでは絶対に体験できなかったレベルに。 まぁ、まったく数学能力のない人間の戯言。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする