初のヘッドホンアンプ

1万円の iphone対応 ヘッドホンアンプ。 ちなみに、買ったのはこれ。

audio-technica USBヘッドホンアンプ ハイレゾ音源対応 AT-HA30USB
オーディオテクニカ
販売価格 ¥16,800(2018年11月16日15時31分時点の価格)

届いて早速、音楽を聴いてみたものの、違いが分からず。 iphone直挿しのほうが、音がくっきりしていて良いような気も。 まぁ、とりあえず買った以上、しばらく使ってみようと、いろいろと音楽を聴いてみたところ、どうも、ボリューム上げたときに、効果を発揮するようで、「ボリュームアップ → 音が大きくなる」だけでなく、「→ 音の質感もあがる」 という感じ。良いスピーカーに変えたときと、同じような効果。 改めて、ボリュームを上げて、何度もヘッドホンを付け替え、聞き比べると、俺の耳でも明確にわかるほど、音質が違う。 ヘッドホンで、そんなに爆音で聴くわけでは無いし、ボーカルやピアノの音が明確に変わる!わけでは無いけど、これはこれで、音量を上げて聴く楽しみが増えて、なかなか興味深い。 

効果が無かったら、俺の人生に、ヘッドホンアンプは不要!という結論にしようかと思ったのけど、効果があるんじゃ、興味は続行。 低音、特にドラムの音が、良くなるので、今まで聞いていた印象と違ってくるし、聞こえなかった音が聞こえたりも。 5000円のヘッドホンも、充分、満足なのだけど、グレードを上げたら、効果ありそうだなぁ…。 さすがに、ゼンハイザーの5万のやつは、ちょっと手が出ないけど、これに変えてみるか。 オーディオは、何年も、下手すりゃ10年単位で使えるから、思いきり甲斐がある。

【Amazon.co.jp限定】ゼンハイザー ヘッドホン オープン型 HD 598 SR【国内正規品】
ゼンハイザー
販売価格 ¥16,980(2018年11月14日20時55分時点の価格)

広告が非表示になる Youtube premiumに、さっそく申し込む。 なにやら、これに申し込むと、Google play music も使えるようになるそうで(逆の順番で申し込んでも可)、これだけ便利になると、もうこれは、(残念ながら)音楽は定額で聴くのがあたりまえ になりそうね。 その分、オーディオにお金を使う人が増えて、また、あの界隈が盛り上がれば。

オーディオ熱が出ている今、デジカメの情報は、あえて遮断。 オーディオも、ヘッドホンアンプが、面白くなってきてて、アンプも、スピーカーも、しばらくお預けになりそう。 興味の対象が絞られてくると、あれこれ買わずに済むので、ありがたい。 後は、たっぷり、聴いたことのない音楽を楽しむべし。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする