CDの断捨離は、しない方向に傾く

ここ2週間、黙々と、ハードカバーの一般書籍を自炊。 1日15冊ペース。 エロ本に比べ、普通の本は厚みがあるし、新しいほうのドキュメントスキャナを使えるので、読み取り速度が速く、部屋が広くなる実感はあるのだけど、いかんせん量が多いし、実家にもまだまだあるしで、ゴールが見えてこない。 このお金にならない作業が、将来に結びつけば良いのだけど。

音楽CDをどうするか。 今住んでるアパートには、ほとんど無いのだけど、実家に数百枚あり。今は定額サービスでも聞けるし、PCに取り込んで処分しようかと思っていたのだけど、どうも、定額サービスは、アルバムや曲の入れ替わりや配信停止が結構あるので、CDは取っておく方向に傾く。 余裕ができたら、リッピングだけしておきたい。

実家の20年物?30年物?のカラーボックスを 2つ分解。 最初の一人暮らしのときも、四畳半アパートに持っていったはずなので、ちょっとしみじみ。 昔は、カラーボックスもどこで売ってるか分からなくて、1つのカラーボックスを、ずっと運んで使ってたんだよなぁ…。 当面、物件は探しつつも、アパート探しの繁忙期だし不動産屋も混んでるだろうから、アパートの部屋の整理より、実家の部屋を親に明け渡すのが先になりそう。 実家に何台もある卓上パチンコ台や、古い98と、今のアパートに100冊ちかくある自販機系のエロ本をどうするかが、当面のヤマ。

残しておきたい本の数を考えると、カラーボックス、捨てすぎたかなぁ…。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする