低反発マットレスの気持ちよさに、鳥肌

ミニマリストの本に書いてあった「布団で寝ようが、床に寝ようが、熟睡度は変わらない」という一文を真に受けて、あまり好みではなかった高反発マットレスを捨て、はや1年。 元々、どこでも眠れるし、硬い床のほうが、矯正機能やマッサージ効果があって身体には良いらしいので、それほど変わりが無い気がしていたものの、冬はフローリングだと冷たくて、下に何かひかざるをえず、あえて、床で寝る必要性があるとも思えない。 そこで、amazonで5000円くらいの、大きな「低反発マットレス」を購入。 さっそく敷いて横になってみたところ、寝た瞬間から、あまりの気持ちよさに鳥肌が止まらない。 考えてみると、高反発マットレスに 3~4年、床に直寝を 1年、で、合計5年も、合わない場所で寝てたわけで、さもありなん。 夜になって就寝したところ、久しぶりに感じるぐっすり感。 いろいろと体調に変化があったのは、加齢や体重のせい、というより、この影響が一番大きかったのかもなぁ…。

最近、栄養ドリンクや、サプリメントを飲みはじめ、これも、効果てきめんで、すこぶる体調が良い。 たまにエナジードリンクを飲むくらいで、あまり、そういうものに頼ってこなかったのだけど、前だったら、長いこと寝れば、なんとかなったものの、最近は、いくら寝ても、慢性疲労を感じることがあるし、この歳になると、自分はまだ若い、という思い込みだけで乗り切るのではなく、「自分に合うモノを見つける」ことが、重要になってくる気がする。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする