価値のある過去じゃない

2日経って、やっと少し落ち着いてきた。 そもそも俺が動揺する話じゃないのに、昔から、当人から頼まれてもいないことに、気をもみ、一人で右往左往する。 彼女と会った当時から変わらず。 もう旦那がいて、小さい子供もいるのに、なんで今頃連絡してきて、会おうとすんだよ。 自分が幸せになってから、連絡してくんなよ。

ただ、普段は強くて飲めない、9%缶チューハイを、ゴクゴク飲めたうえに、たいして酔わなかった。やはりどこかしらキツイのだろう。 固形物は、賞味期限が切れそうだったので、ハムだけ喰った。

別に忘れたりする必要もないのだけど、彼女のことは、俺の地雷原として、思い出さないようにしていくつもり。 もし、俺が幸せになれたら、報告メールくらいは送る。

この20年の清算をする最高のきっかけなので、仕事面では、手つかずの部分を解消すべく、あれこれ出して、セッティング。いつもトラブル続きなのに、今回ばかりは、こまごまとしたものも即見つかるなど、すべてがスムーズ。そういうタイミングなのだろう。 大きく基準も変わったので、意味のない物は、ゴミ袋に。 なぜか、彼女からもらったものが、段ボールから、連続で出てきたりする。 迷わずゴミ袋へ。 思い出して昔を懐かしむ、という時間と行為が、もう無駄。 そんな、価値のある過去じゃない。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする