お役御免

今日も、朝と夜、親父さんの店の準備に付き合い。この役目は、今日にて、お役御免。 ただ、やはり、俺が思ってる以上に、親は歳をとってるし、俺が望もうが望むまいが、今後、俺の役割が増えることは、覚悟しておく。 そして、もし両親がいなくなったら、孤独に、俺は耐えられないだろうな、ということも。

新しく始めた作業、毎日、微々たるものだけど反応あり。 少しでも反応があれば、あるいは、全く無ければ、次の一手を考えられる。 今は、ツールも、状況も、圧倒的に便利になったから、比べるのもアレだけど、同じ作業ができたはずの15年前に、取り組んでいれば。

そして、普段の仕事も、損失の穴埋めには、まだ程遠いものの、堅調なのが、本当にありがたい。 もし、ここがダメだったら、今回のもろもろで、パニックになっていた可能性もある。 なんとか維持できてるうちに、新しい作業のほうで、次の展開を。

さすがに、これだけ生きてると、何か起きたときに、普段と違うことをやってしまうと、体調や、調子を、大幅に崩してしまうことは経験済なので、毎日、黙々と、淡々と。 ただ、規則正しい生活が続いていたけど、今日から、ちょっと時間的には無理をしてみる。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする