壁紙に白髪染めが付いた場合の、対処法

丸坊主にすることも、髪を染めることも、何度も経験済。 が、初めて、両方をまとめてやったところ、短髪にした頭につけた髪の染料が、知らないあいだに、壁紙に飛び散っていたらしく、翌朝、洗面所の壁に、無数の黒いシミがついていて愕然…。 染料だから、当然落ちないし、こりゃ、退去のときに、金を取られそうだな…と思いつつ、amazonを調べてみたところ、こんな商品が。

クロスタッチ オフホワイト CT-04
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0091FZ2OE/

クロスの穴うめ材スーパー オフホワイト CA-04
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0091FYUP6/

ワラにもすがるつもりで、買ってみたら、効果てきめん! ぱっと見、というか、注意深く見ないわからないレベルまでに修復。 ありがたい、ありがたい… (-人-)  うちの壁紙の場合、色は「オフホワイト」でぴったりだったけど、ホワイトや、ベージュなど、種類あり。
 
 
連休にそなえ、2日くらい、黙々と準備をしてた作業が、実は、前にやっていたものと同じだとわかり、まるまるやり直し。 突貫で作業をしたものの、予定より1日半、実行が遅れる。 まぁ、ずっとのんびりしてたから、ここだけ焦っても仕方ないのだけど、ボンヤリしてるなぁ…。 最初の作業、まるまる無駄になってしまったので、その2日間は、スプラ2をやっていただけの日になってしまった。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする