自由になれたと実感できるレベルまで

大切なのは、自由になれたと実感できるレベルまで、所有物を減らすことだ。

別件の連絡待ち、という縛りはありつつも、これだけ新居が決められないのは、
自分の中で、何がしたいか明確に決まっていない、ということでもある。

今の作業は、デスクトップでやる必要もないわけで、
だったら、ノートPCと、持ち運びができる液晶モニタが、リュックにさえ入れば、
ずっと想像の域を出なかった、家を持たない生活が出来るのではないか。

現実的には、郵便物を受け取る住所と、荷物置き場として、
ワンルームは借りなきゃならないだろうけど、
生活を、人生を、一変させるくらいのことは、やっても良いのかもしれない。 ちとワクワクしてきた。

NO IMAGE

ハードディスクを発注

あけましておめでとうございます。 と、誰に言うでもなく、新年の挨拶。 今年の年末年始は、大晦日と元日、2日だけ外出して、あとは、黙々とDVD...

NO IMAGE

年内は作業しない

「大晦日も元日も、作業をするのが、自営業の矜持」みたいなイキがり方を、この15年ちかくしてまいりましたが、もうすべて放り出し、年内は作業しな...

NO IMAGE

VHSデッキが壊れていた

ドキュメントスキャナが届くまで、手持ち無沙汰なので、VHSのデータ化を再開しようとしたら、3台あるうちの1台のVHSデッキが壊れていた。 2...

NO IMAGE

日常業務を絞らないと

事務所 or 引越しは、とりあえず年内は静観することに。 物件の1つは、昨日、前を通ったら、不動産屋の看板が剥がされていたので、決まってしま...